2.4 転職は実績をアピール

転職では、自身の実績とその中での得意をしっかりとアピールすることは学生時代に就職活動をした時と同じように、大切なことであります。

学生時代の就職活動では実績についてはアピールしませんが、自身の長所をしっかりとアピールしていたと思います。それと同じように、転職活動ではこれまでにどのような規模の企業で、どのポジションで仕事を行い、成果を出してきたということを伝えることが必要になります。

実績については、全て書くことも必要なことではありますが、特にこの分野には強いというところはより具体的な説明を求められます。具体的な説明があることによって、採用する企業側にもどの分野で貢献できるということを伝えることができて、採用につながるのです。

実績があまりない場合には、どのようなことが興味あって、どのようなことを身につけていきたいということをしっかりと伝えることで、自身のやる気を認めてもらえる結果として、採用してもらえるのではないでしょうか。

実績は転職をする上では、いろんなことをやっていれば良いかということではなく、特化した分野でどのような貢献があって、実績を積んでいけたかの方が求められることが多いということはあるようですので、いろんなことを行っている方はしっかりと強みをアピールして、採用に結びつけていきましょう。

もし、アピールがうまくいかないと思ったときには、どの点が悪かったかを見つけて、次の機会につなげてください。