2.2 年相応にあった経験を積んで転職へ

転職につきましては、管理職やプロジェクトマネージャなどについては、経験を積んでいる方が良い求人でありますが、エンジニア職についても、特定の技術や周りをまとめる立場の求人につきましては、募集内容で示している仕事について経験数が指定されていることも多く見かけられます。

もちろん、経験がなくても、それらの役職を経験するチャンスは訪れますが、転職におきましては、どうしても経験者が優遇されているというのが現状ではないでしょうか。

経歴を重視する企業もあれば、学歴を重視される企業はありますが、学歴では必ずしも経験の密度や技量の参考になるわけではありません。

学歴重視の企業も日本では多く見られますが、転職については経歴や実績の方を重要視されている企業も多くあります。

研究などを行うようなところや医療機関等では専門的な学校へ行っていなければなりませんが、その道の経験を積んでいることで転職に結びつけることができます。

年相応ということで、管理職などもそうですが、いろんな知識を持った上で、自身の部署やグループのメンバーをどのようにしてまとめていたかなどのことも面接では聞かれることになりますので、あらかじめ職務経歴書に整理してまとめておくようにしましょう。

現場で作業をする仕事であれば、若い人材を求めていると思いますから、年齢制限が若く設定されていますし、入社をしたら、定年後も働くことができる企業もあります。

いろんな条件の中から転職活動を優位に進めるということでは、年相応以上の経歴を重ねている方が有利になると思います。