2.3 転職は経験が少ない時は未経験者募集を

転職で、見かけられます未経験者歓迎ということでありますが、未経験者に関しましては多くの場合、30歳未満といったように制限がついていることを多く見かけます。

これはハローワークと呼ばれる公共職業安定所などが若手の方の就労支援を行っていることが理由として挙げられますが、ジョブカフェと行ったような気軽に仕事を探すことができる環境もできており、若い労働者を少しでも早く仕事に就かせたいという利用者も企業側もそれぞれの転職を助けるサービスを受けられるようになっております。

経験が3年未満ということで仕事を探している場合には、実績に対しての評価が低くなることもあり、未経験者歓迎もしくは経験不問といった企業に応募をして転職することが必要になります。

ちなみに経験が3年以上ある場合は、未経験者歓迎でなくても、企業によって求められているスキルがあれば、問題なく転職することはできます。

未経験者にとっては、次の仕事を探すことは大変なことでありますが、企業も行政も未経験者でも人生をやり直すことができるチャンスは数多くあります。

未経験者だからということで、悲観的にはならず、就きたい仕事についていろんなことを勉強して、企業を調査して、転職活動を行ったという苦労は必ず報われます。

経験が少なくても、なくても、新しい業界に進むことはとても大変なことであります。転職してから最初のうちはなかなか馴染めない部分が出るかもしれませんが、素直に先輩の話を聞いて、真っ直ぐに育ってもらいたいと思います。